現代のお見合い

紫色の花

お見合い結婚が主流だった

昔はお見合い結婚が主流でした。家同士が結婚をするという風潮があったからです。生まれた時から結婚する相手が家同士で決まっていたということも少なくありません。家が決めたことは絶対的なところがあったため、当人同士も従うしかありませんでした。 それでも、昔の人が離婚をすることがなかったのは、離婚そのものもタブー視されていたからなのかもしれません。現代のように、すぐに離婚をしてしまうという風潮は昔では考えられませんでした。そんなふうに見ていくと、お見合い結婚の方がいいのかもしれません。 一時期、恋愛は自由な風潮になってきたこともあり、お見合いを結婚をする人は少なくなりました。それでも、全体的に見てみると、離婚をしないカップルはたいていお見合いです。

これから増えていく予想

最近では男女の出会いの場があまりないという点から、お見合いパーティーを開く業者まで増えてきています。お見合いをさせたいという親御さんも増えてきています。当人同士がお見合いをするのではなく、親同士がお見合いをするという光景も見られるようになってきています。 そのため、これからの時代、再度、お見合い結婚が増えてくるかもしれません。少子高齢化となってきていることも、その理由の一つとして考えられます。実際に、お見合いを促す業者も積極的に活動しており、登録したり参加したりする人も増えてきています。そこから結婚につながり、幸せな家庭を築いている人も少なくありません。 自分で探して恋愛することができないという人が多くなってきているからこそ、お見合い結婚は増えてくることが予測できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加